オルニチンは効果なし!?って本当?

“オルニチンは肝臓機能のサポートをしてくれるとか!”


と言うことなので、“二日酔い予防”“疲労回復”
の効果を期待して摂取するワケです。


ところが、
全く効果を実感できない!
効果ないじゃないか!
と感じる方がいます。

なぜなんでしょうか?
オルニチンという成分がダメだというのでしょうか?
それとも、オルニチンが効かない方がいる、ということなのでしょうか?
ならば、どのような方が効かずに“効果なし”と感じるのでしょうか?

そこのところ、自分にも当てはまる可能性がありますから、
気になりますね~。

一体どうなっているのでしょうか?

【オルニチンとは?】

オルニチンは、体内にあるアミノ酸の一種です。
アミノ酸の大部分はタンパク質の中にありますが、
オルニチンは「遊離アミノ酸」と呼ばれ、血液の中に溶け入り体を循環します。


肝臓の働きをサポートし、人体に有害なアンモニアの解毒作用には欠かせないものです。

そのため、二日酔いに効く、とか疲労回復に効く、などと言われています。
また、肝臓以外でも、成長ホルモンの分泌の促進や、筋肉を増強する働きがあります。

オルニチンはシジミに多く含まれている印象がありますよね。
他にはシメジやチーズなどにも含まれますが、
日常の食事だけでは摂取が難しい成分でもあります。

先に「体内にあるアミノ酸」と書きました。
そうなんです。オルニチンは体内でも生産されるのですが、
量が少ないんですね。

ですので、オルニチンを摂るならサプリメントが効果的なのです。

【オルニチン“効果なし”と感じる方とは?】
二日酔い予防でも疲労回復でも、要は肝臓の機能をアップさせれば
元気になるはず!お酒にだって強くなるはず!
だから肝機能をサポートしてくれるオルニチンを飲んだ!
が、好ましい結果がでない・・・と言う方の多くは、

『直ぐに結果を求めてしまうタイプ』
ではありませんか?

(ここでは、オルニチンを効果的に摂れるサプリメントで考えています)
 
そもそも、疲れが溜まっていると感じたり、お酒が弱くなったと感じているということは、
肝臓が疲れてきていると推測されます。

オルニチンを飲んだからといって、すぐに肝臓が元気にはなりにくいです。
肝臓の疲れ具合にもよりますが、まずは肝臓を休ませてあげなくてはいけません。

なんせ肝臓は、どんな食べ物でも飲み物でも体に入ったらせっせと働きます。
肝臓に負担のない食生活にしながらオルニチンを摂取するならまだしも、
オルニチンを飲んでも食生活の改善がなかったら、肝臓の回復には時間が掛かることでしょう。

どうですか?“効果なし”と感じている方、思い当たりることありませんか?

また、「お酒は飲まないから平気」と言う方もいると思いますが、
肝臓の疲労はアルコールばかりではないのです。

暴飲暴食、油分の多い食事や食品(スナック菓子など)は肝臓に負担を掛け、疲れさせます。
食生活や嗜好を変えるのは大変ですが、肝臓を大事にしないと生死にかかわります。

食生活を改善し、もちろんアルコールも休み、
オルニチンを摂ってアンモニアの解毒をサポートしても、肝臓は他にもたくさん仕事を
しているのでそう簡単にはいかないのです。

なんでも肝臓は500近くの働きをするそうですから!

肝臓自体に脂肪などが付いている脂肪肝などの場合は、
その脂肪を減らさなくてはいけません。つまり、内臓のダイエットです。

ダイエットに挫折したことがある方ならお分かりだと思いますが、
ダイエットは簡単にいきませんよね。
効果的なのは「運動」ですが、それを続けることが出来ないから難しいのです。
もちろん時間も掛かります。

と言うことで、肝臓を元気にするには時間が掛かるのです。

ですので、オルニチンが効かない、と言うよりは、
肝臓を休ませる必要があったり、肝臓をダイエットさせる必要があるのかもしれません。

だからと言ってオルニチンが無駄なのではなく、肝臓をサポートしてくれるのですから、
良い結果を急ぎ過ぎずに、同時に肝臓を休めながら最低でも1ヶ月以上、できれば3ヶ月ほどは続けて
摂取されると良いと思います。

肝臓が徐々に回復すると、まずは“疲労回復”を実感できることでしょう。
“二日酔い予防”は“疲労回復”した後になると言われています。

★★まとめる★★
・オルニチンとは?
・オルニチン“効果なし”と感じる方とは?

オルニチンは肝臓でアンモニアの解毒分解するサポートをしますが、
肝臓はたくさんの仕事をこなしていますので、肝臓自体を休ませる必要
があると言うこと。

オルニチンを飲んでも「効果なし」と言う方は、効果をすぐに求めないことです。
肝臓の回復には時間が必要ですから。

「効果があるか、ないか」の判断は、肝臓を休ませながら、同時にオルニチンを摂り
3ヶ月様子を見てからにしませんか?


縄文時代の後期や晩期の河川近くの貝塚からは、シジミが多く出土しているそうです。

そのことから分かるように、シジミとの付き合いはとても長いのです。
それはシジミが体に良いと言うことを、化学的な根拠がなくても実感していたのだと思います。

そのシジミに多く含まれているのがオルニチンです。

オルニチンは、体の中にも存在する、非必須アミノ酸の一つです。
肝臓の働きをサポートしてくれる働きがあるので、疲労回復や二日酔い予防に期待される成分です。

“オルニチンサプリ”はそのオルニチンが主成分のサプリメントのことです。

【オルニチンとは?】
オルニチンはアミノ酸の一種ですが、個性的です。
多くのアミノ酸はタンパク質を構成するのですが、
オルニチンはその仲間には加わりません。

オルニチンだけではないのですが、その仲間に加わらずに、
肝臓や筋肉などの組織内や血液と一緒にカラダを循環するアミノ酸がいます。
そのアミノ酸のことを“遊離アミノ酸”と呼んでいます。

遊離アミノ酸はタンパク質の構成に加わらないからと言って、ひねくれモノではありません。
とっても重要な役割を担っているんです。

血液と一緒にカラダを巡っていく中で、アミノ酸が足りていない組織があれば
そこを手助けする材料になります。
つまり、自分を必要としてくれるところへ行き、活躍するのです。
なんだか羨ましいです。

オルニチンは、肝臓で人体に有害なアンモニアを無害な尿素に変換・排出する解毒作用の
促進や、成長ホルモンの分泌促進、基礎代謝を高めるなどに関わっています。

私たちの肝臓の解毒作用がうまくいかないと、体のあちらこちらが不調になります。
血液のなかには解毒処理されなかった有害物質が含まれたまま、体の中を周ります。

有害物質が含まれた血液は、色が悪いのです。
ですので、肌も色がくすみます。
それだけでなく、体を巡った有害物質が汗などで排出されると、その悪臭が体臭となって出ます。

そのうえ、肝臓機能が低下しているので新陳代謝が悪くなり、倦怠感や脱力感が現れます。
シミやくすみも増えます。


オルニチンならコチラ⇒TVで紹介され、話題沸騰!【レバリズム・L】

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。