オルニチンとはなんだかご存知ですか?

ときどき目にするような・・・、
でも何のことかは良く分からないな・・・、
程度の方が多いようです。

サプリメントで見るけど、認知度はいま一つのようです。

そのオルニチン、どんなものなのでしょうか?

【オルニチンとは!】



オルニチンの説明するには、そもそものカラダの作りについての説明が必要です。

人間のカラダばかりでなく、この地球上に生きとし生けるもの、植物も動物も
アミノ酸というものがつくり出すタンパク質から出来ています。
ですので、アミノ酸が全ての生命体の“おおもと”なのです。
細胞の一つをとっても、もっと細かいDNAもアミノ酸から作られているのです。
もう、アミノ酸なしでは生命体は生きていけないことが分かりますね。

タンパク質をつくっているアミノ酸は20種類。
その他にもアミノ酸はたくさんあります。
その一つに、タンパク質にならなくとも重要な働きをするアミノ酸を、
「遊離アミノ酸」と呼んでいます。

その遊離アミノ酸の一つが「オルニチン」です。

遊離アミノ酸の特徴は、タンパク質と結合せずにその一つ一つがアミノ酸の形のままで
体内を循環しながら機能することです。
体の中に存在しますが、効果的に摂取するためにサプリメントで摂取する
ことが有効とも言われています。


オルニチンの働きは、
腸で吸収されて、肝臓、腎臓、筋肉などに移動しますが、肝臓でその存在を
フル活用します。
肝機能の向上、保護などのサポートをしてくれます。

つまり、オルニチンが注目されるのは、肝臓の働きをサポートして
正常に保つために頑張ってくれるから、と言うことになります。

と、肝臓がどれだけ大切か?と言うことを知っておいた方が
理解が深まりますね。

肝臓が大切なのは多くの人がご存知と思われますが、
大事ですのでここでも簡単に説明させていただきます。

【肝臓とは!?肝臓の働きについて】



肝臓は“体内の化学工場”と言われています。

工場・・・そうです。
工場の多くは24時間稼働していますね。
つまり、肝臓も24時間休まずに働く臓器だと言うことです。

しかも働く内容は責任重大なものばかり。
相当忍耐強い頑張り屋さんです。
そのために、肝臓の病気は症状が出にくく“沈黙の臓器”と言われ、
気が付いたときにはかなり病状が進行している、という場合もあります。

肝臓の働きは、
・貯蔵(タンパク質、糖質、ビタミン類。いつでも使えるように貯えておく)
・代謝(肝臓に運ばれてきた物質を使いやすいように変化させる)
・解毒(アンモニアなどの老廃物の処理、アルコールや薬の成分などを分解し、毒を薄め、
 尿や胆汁と一緒に外へだす)
・胆汁の分泌(脂肪の分解をする)
・毎分1.5リットルの血液を処理している

と非常に重要な役割を担っています。

その肝臓の特徴は、
・人間の臓器の中で一番大きく、もっとも重い(1.2~1.5キロ)臓器
・約70%失われたとしても、肝臓の機能を十分に発揮できる
・再生能力が高い
・血流が多い

そんな肝臓が疲れているときは、ともかく肝臓の仕事を減らしてあげることです。
具体的に言うと、お酒は飲まない、暴飲暴食はしない、と言うことになります。


肝臓の大事さ、分かっていただけたでしょうか?
その肝臓の手助けをしてくれるのがオルニチン。

効果的にとって肝臓を労わってあげたいですね。


肝臓は寡黙に真面目に、誰も見てなくても陰日向なく一生懸命
働く人のようです。
そんな頑張り屋さんの肝臓を助けるオルニチン。
オルニチンを上手に摂って肝臓を過労にしないようにしましょう。


【オルニチンはサプリで摂る!のワケ】


そのオルニチンですが、食事から摂ろうとするならば、
シジミに多く含まれていることが有名ですね。

その他には、チーズやひらめなどに含まれています。

最近では、しめじなどのきのこ類にも多く含まれているとの研究結果もでました。

シジミは100gあたり約10~15mgのオルニチンを含んでいます。
シジミの数にすると30~35個相当。
ちなみにカロリーは50.9Kcal。

本しめじですと、100gあたり約140mgのオルニチンが含まれているとか!
しかもカロリーは18Kcal!
商品によりますが、1パック100gのタイプが多いです。
価格も100円前後ですから、身近で低価格で手に入ります。

とは言え、オルニチンの1日の目安となる摂取量は約400mg~1000mgです。

シジミにしてもしめじにしても、そんなに食べれません!
仮に食べたとしても、毎日続けられますか?
栄養バランスも偏ります。

とても現実的ではありませんね。

といことで、オルニチンはサプリで摂るのが無理のない方法なのです。

【オルニチンサプリの効能と効果】


オルニチンサプリを摂ることにより、多くの方が実感されるのが、
「疲労回復」です。

オルニチンは肝臓でアンモニアを解毒分解するサポートをします。
このアンモニア。

これが“疲れ”の原因物質です。
オルニチンが肝臓をサポートすることにより、アンモニアは分解されやすくなるのです。
つまり、疲労回復が期待できるのです。

また、筋肉増強する働きもあります。
筋肉が強化されると、脂肪燃焼効果が高まります。
それにより代謝が良くなり、肌がきれいになったり、老化防止にも期待できるのです。

睡眠の質も良くなり、二日酔いしなくなった、朝の目覚めがスッキリする!との声も多いです。

アルコールを飲む機会が多い方や、最近疲れやすいと感じる中高年の健康維持として、
オルニチンを積極的に摂るためにオルニチンサプリは便利で手軽です。

★★まとめ★★
・オルニチンとは?
・オルニチンはサプリで摂る!のワケ
・オルニチンサプリの効能と効果

オルニチンは肝臓の働きを助けてくれる成分の一つです。
オルニチンを摂ることで肝臓が活性化されてくると、
“毎朝スッキリした目覚め”“疲れが残らない”“二日酔いしない”などの
体を手に入れられるのではないでしょうか。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。