3種のウコン、メリットとデメリット

ウコンは昔は薬として重宝されていました。


ショウガ科の多年草のウコンには、クルクミンが含まれていて、疲労回復に役立つとされています。


今では、更に別の効果もあるとして気軽に飲まれています。


例えば、二日酔いに効いたり、美容にも良いとされています。体調を整えたり、抗酸化作用があるからです。


ここでは、人気の3種類のウコン製品を比べてみてみました。


琉球ウコン
自然の力をいかし栄養価の高いものにこだわった製品です。ウコンは沖縄奄美大島で育てられたものを使用します。そこでは、二年に一度の収穫にすることで土が1年間休まり、より多くの栄養をウコンが吸い上げます。


素敵ウコン
これも沖縄で育った無農薬の秋ウコンが使われています。クルクミンが豊富に含まれさらに、有胞子性乳酸菌が、2粒で1億個入っているので腸の調子が整います。


ゲンキウコン
クルクミンの量が非常に多く含まれており、ドリンクタイプの約2倍です。ウコンの中でも、春ウコンの71倍のクルクミンを含むクスリウコンが使われています。持ち運びし易いように、5粒が1つの袋になった小分けタイプなのもうれしいですね。


どの製品も飲みやすい小粒タイプです。ウコンで困るのがにおいや味ですが、それらもうまく隠されていて気になりません。


ウコンは取りすぎると、肝臓に負担がかかってしまうので、それぞれの製品で守るべき量を取るようにしましょう。健康維持や体質改善に役立つウコンを、上手に取り入れてみてください。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。