徹底解説!オルチニンとはどんな成分?

オルチニンとは遊離アミノ酸と呼ばれており血液中に溶け込んで体内をめぐって働くアミノ酸の一種。


肝臓の機能を促進して、アンモニアなどの有毒物質を解毒分解してくれます。


アンモニアは疲労の原因物質の一つと言われています。


このアンモニアを解毒分解することが疲労回復につながるのです。


肝臓強化に効果的な成分には、タウリン・ビタミンB12・良質なタンパク質などが挙げられます。


オルチニンも負けてはいません。


肝臓強化作用はもちろん成長ホルモン分泌の促進や筋肉増強などの効果があります。


このオルチニンを含む食品として、しじみがあります。


しじみには、オルチニンのほかに、ビタミンB郡や鉄分・タウリンも含んでいます。


タウリンは胆汁の分泌を促進してくれるので肝機能の向上にも一役買ってくれます。


またオルチニンには体内でポリアミンという物質に変化することで新陳代謝を上げる働きもあります。


老化防止に効くのです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。