オルニチンとウコンではどっちがオススメ?

オルニチンはアミノ酸の一種で、疲労回復、肝臓機能強化、アンモニア解毒分解といった働きがあります。


シジミに多く含まれている事で有名です。


オルニチンは成長ホルモンが含まれているため筋肉強化に役立ちます。


筋肉が強くなるということは、脂肪燃焼に効果が出て、基礎代謝も上がる結果となります。新陳代謝も高まりますので、肌の老化、トラブル防止に効果的です。


オルニチンはシジミに多く含まれている成分ですが、それ以外にタウリンも含まれています。


タウリンの働きは胆汁成分中の胆汁酸の分泌促進です。また、シジミに含まれるビタミンB12や鉄分や、血を作る働きのお蔭で貧血気味の人に効果的です。


シジミを原料にしたオルニチンは、サプリメントして売られているので気軽に飲むことができます。


ウコンとオルニチンどっちがいいかなと悩まれるかもしれませんが、どちらも体には大切な成分です。


同じ成分でも動物性、植物性とありどちらも重要な働きがあるように、多くの食品から栄養を摂り入れなくてはなりません。


その時の自分の体と向き合ったときに、どちらが向いているかで摂取をすると良いでしょう。


筋肉のためならオルニチンの勝利!

⇒ オルニチンが豊富に含まれているしじみサプリが半額で試せるのがこちら


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。