ウコンを摂取してクレアチニンを下げよう!


クレアチニンをご存知ですか?


クレアチニンとは、アミノ酸の一種の呉亜陳が、筋肉運動のエネルギー源として使用された後に作られる老廃物の一つです。


腎臓から排出されるので血液検査などでクレアチニン値が上がっていることが分かると腎臓の機能が低下していると考えることができます。


筋肉の沢山ある人ほどこの濃度は高く筋肉量の少ない人は低くなります。


腎臓の機能を正常に保つには、適度な運動をすることと、タンパク質・塩分摂取を控え血液サラサラ状態を保って毛細血管を守ることが大事です。


ウコンに含まれるクルクミンは肝臓を強化し胆汁の分泌を促してくれます。


これにより有害物質が解毒分解されます。


また、抗酸化作用もあります。


これは活性酸素の生成を予防しコレステロール値を下げることで動脈硬化を予防してくれると言われています。


ウコンの精油成分には抗炎化作用があり傷ついた血管を修復し弾力のある状態へと引き上げてくれる効果があります。


このようなウコンの効能は、クレアチニンの値を下げてくれるのです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。