ウコンの種類と違い

50種以上あるウコンの中で、食用のサプリやドリンクに使われるのは4種です。


春ウコン・秋ウコン・紫ウコン・クスリウコンです。


それぞれの特徴と違いをみてみましょう。


春ウコン
秋ウコンよりクルクミン含有量が少なく、その代り精油成分に多くのミネラルを含んでいます。辛味や苦みがあるので食用には向かず薬として利用されます。潰瘍や炎症に効果がある、アズレンを含んでいます。


秋ウコン
クルクミンを多く含み、二日酔いや疲労回復に重宝されます。苦みが少ない特徴があるので食用に向いています。黄色い色素はカレーやたくあんの色付けにも使用されます。


紫ウコン
生薬名をガッシュと呼ぶこのウコンは、クルクミンはほぼ入っていません。そのかわり精油にミネラルを多く含み、栄養豊富です。苦いので食用には向きませんが、精油に含むミネラル成分が血液をサラサラにしてくれます。


クスリウコン
一番クルクミン含有量が多く、疲労回復・食欲増進に効果があります。精油のコレステロールに働きかける成分で、動脈硬化の防止にもなります。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。