ウコンの成分クルクミンの働きとは

ウコンに含まれている成分で有名なクルクミンはポルフェノールの一種です。


クルクミンには抗酸化作用があるのが特徴です。


抗酸化作用は活性酸素の生成を抑えることができます。


そうすることが健康にどうつながるのでしょうか。


活性酸素は細胞を老化させてしまいます。人間が老化したり病気になったりの原因となるのです。


肌の老化によるシミやしわの原因であったりなどのトラブルとなります。ですから活性酸素ができないようにすることは健康維持になるのです。


クルクミンの働きは肝臓機能強化・胆汁分泌促進によりアルコール分解時に発生するアセトアルデヒドの有害物質を解毒化します。それにより二日酔いを予防するのです。


またコレステロール値を下げる効果もあり血液をきれいにサラサラにしていくので生活習慣病の動脈硬化や脳梗塞さらに心筋梗塞などになるリスクを下げます。


細胞を活性化させ新陳代謝を促すことで基礎代謝が上がるので体全体での免疫を上げることに繋がります。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。