ウコンで血液サラサラになる?

健康な血液はサラサラと血管を流れていきます。


不健康な生活が続き血液が汚れてしまうとドロドロとした流れの悪い血液になってしまいます。


血液がドロドロした状態でいると肥満や高血圧になってしまいます。


そして肥満や高血圧が原因となり脳梗塞や心筋梗塞など血管が詰まって起こる様々な病気の元となります。


なぜドロドロした血液になるの?


偏った食事などは血液の中に余分な糖分・塩分・脂肪分など吸収されず残ったままになります。水分不足もドロドロになってしまいます。


たばこは活性酸素を増やしてしまうので良くありませんしストレスも自律神経が乱れたり運動不足も原因になります。


すると老廃物が外に出せない状態になり血中に長い時間残ったままになってしまうのでドロドロしてきます。また筋力が低下してくると新陳代謝低下になり血行不良を招きます。


なぜウコンを摂ると良いの?


ウコンにはコレステロール値を下げ血液をサラサラしたきれいな状態にしてくれる『クルクミン』という成分が入っています。


ウコンの主成分であるクルクミンはポリフェノールの一種でとても強力な抗酸化作用を持っていると言われています。


ウコンは生活習慣病予防にも免疫機能の向上にも効果的!


クルクミンの効果は?


クルクミンのもたらす効果で特に注目されているのが肝臓に対する作用です。


肝臓の解毒機能を強くする作用や胆汁の分泌を促す作用がありコレステロール値を下げたり肝機能向上などの効果も期待されています。


人間の体内で最大の臓器である肝臓は体内で作用する酵素などの物質を3000種類作りだす働きを担い解毒と代謝というとても大切な機能も持っています。


解毒は体内に入ってきた有害物質(アルコールなど)を無害化する働きのことです。代謝は物質が生体内でどんどん化学変化し入れ替わることに伴ってエネルギーが出入りすることを指します。


肝臓で中性脂肪は脂肪酸に変化しエネルギー源として利用されることも代謝の一例です。


東洋でも『肝要』『肝心』などのように肝臓の『肝』という字はとても重要な意味として用いられていることから古代では肝臓は人体の中で最重要器官だったと考えられていました。


ウコンのクルクミンには胃の健康維持・胆汁の分泌促進・肝臓の機能向上などの作用があります。


このようにウコンの主成分であるクルクミンにはいろんな作用や効能がありますので健康に気をつけている多くの人がウコンを摂っているのです。


ウコンサプリであれば簡単に生活に摂り入れることができますよね。


(画像をクリックすると大きな写真で見れます)



わたし自身これまでいろいろなウコン商品を試してきましたが実際に飲んで効果を実感できて値段的にも続けられると思ったのがやわたの琉球ウコンでした。


今ならハーフパック(15日分)が1000円&送料無料でお試しできるのでまずは試してみると良いかもしれません。詳しくはこちらの公式サイトで確認して見てくださいね。






コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。