ウコンでクレアチニンの濃度を下げる?

クレアチニンとは、筋肉運動の後に出る老廃物の一種です。


アミノ酸の仲間であるクレアチンが、運動の際エネルギー源として使われた後の、老廃物の物質の一つです。


腎臓で排出されるクレアチンが、血液検査等で高く上がることが発見されたなら、腎臓機能の低下が考えられます。


筋肉量の高い人ほどこのクレアチニンの濃度は高く、逆に低いとクレアチニンも低くなります。


腎臓に大切なのは、血液をサラサラの状態に保つことで、毛細血管を大切に守ることです。適度な運動を行いましょう。良質なたんぱく質と、塩分量を医師の指導の元、摂取量を従うことも大切です。


ウコンにはクルクミンという成分が含まれています。肝臓機能強化や胆汁分泌促進する働きがあるので、解毒分解を助けます。


抗酸化作用で活性酸素の発生を抑え、コレステロールを抑えることで血液がきれいになります。サラサラの血液では動脈硬化など発症も抑えることが可能です。


ウコンの精油成分の働きには抗炎症作用があるので、傷つけられた血管を修復し、なめらかな弾力を持った強い血管にしてくれます。


こういった作用から、ウコンがクレアチニンを下げる効果があると考えられます。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。